古民家
e0059542_0231656.jpg

囲炉裏ののある景色

by ccrkasago | 2009-08-02 00:23 | 東 西 南 西 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://ccrkasago.exblog.jp/tb/10756283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by risaya-827 at 2009-08-02 08:20
おはようございます^^
あ、この暖炉って暖かくていいなぁー♪
暖炉の回りで談笑している声が聞こえてきそう~^^
良い物はいつまでも残ってて欲しいものです。。。
Commented by ccrkasago at 2009-08-02 15:01
risaya-827さん こんにちは 暖炉ってすごく暖かく感じますよね、昔はマッチがないので、火をつけたら囲炉裏の温度を下げないような工夫がいくつもあるそうです、炭は消壷で管理しておいたり、灰をかけて温度を下げないようにすることも家事のひとつだと聞いた事があります、
Commented by nikophoto09 at 2009-08-02 18:17
こんばんは!
囲炉裏のある生活、憧れなんです。
イワナやヤマメも刺して焼いて
囲炉裏端で一献したくなりますね。
(私はお酒に弱いけど気分だけは味わいたいです~笑)
Commented by sidu-haha at 2009-08-02 20:50
こんばんは~(^-^)
すごいですねえ~
こういうものがしっかり残っているのですね。
自在鈎、火箸、消壷~それに十能も、
子供の頃は、こういう囲炉裏があちこちで見られましたが、
今じゃ、こうして特別な所へ行かないと見られなくなりました。
あったかい炎を思い出します。
貧しくとも、日本の文化を残して伝えたいですね^
Commented by jakky123 at 2009-08-02 23:16
本当に火が入っているんですか!?
懐かしい光景ですね(^^)
Commented by cheyco at 2009-08-02 23:43
懐かしい。。
経験がないのですが、なぜか懐かしく感じるのは 何なんでしょう? 
本当に日本の文化を感じます。
Commented by ccrkasago at 2009-08-04 18:13
nikophoto09さん こんにちは  お返事が遅れて申し訳ございません。 囲炉裏のある生活してみたいですが手入れが結構面倒ですよ、炭を管理するところも必要ですし、薪割りもするようですよ薪も保存しておかないと緊急のために管理していることも結構しんどいですよ
Commented by ccrkasago at 2009-08-04 18:13
sidu-hahaさん こんにちは  お返事が遅れて申し訳ございません。 神奈川県川崎市にあります、10軒ていど残っています、管理者がいますので綺麗ですよ、こんな住み方をしていたという方には参考資料になるはずです、
Commented by ccrkasago at 2009-08-04 18:13
jakky123さん こんにちは  お返事が遅れて申し訳ございません。 川崎市に資料館なってかなりの家が現役で活躍しています、これらの民家は煙がないと家が壊れるので囲炉裏の煙で燻しています、
Commented by ccrkasago at 2009-08-04 18:13
cheycoさん こんにちは  お返事が遅れて申し訳ございません。 私も幼い時に少しだけ経験しています、茅葺の家は煙で燻さないと虫が湧いてしまい古民家は崩壊するので、いつでも煙で燻されています、
Commented by MAKIAND at 2009-08-05 20:52
ちょっと質問、いいですか?
このいろりは今の暑い季節にも使ってるのかな?クーラーの中で使うのですか?
Commented by ccrkasago at 2009-08-05 22:34 x
MAKIANDさん  今晩は クーラーの中で使用したらクーラーがヤニだらけになりますので、いつも天井に向かって煙が流れるようになっています、この屋敷は4階建ての木造建築です、屋根は茅葺屋根です建築後300年程度経過しているそうです、茅葺屋根は30年程度しか耐久性がないため長持ちさせるために燻しているそうです、
<< ユリが満開です 古民家  >>