成川美術館
e0059542_11314094.jpg

 箱根成川美術館から富士山を眺める
撮影日時2009年12月6日


通いなれた美術館とはいえめったに見ることが出来ない富士の山
いつも出かけるのが遅いため気温が上がり
曇り出すことが多いから見ることが出来ないのだと考えています、
成川美術館から富士の全景を見たことはありません、


集中治療室の出来事、(破傷風
この病気は細菌の出す毒素が開口障害や呼吸障害を引き起こしているのですが、
最高血圧が私の場合は280mm/Hg低血圧240mm/hgまで上昇してしまいました、
最低血圧は80mm/Hg低血圧50mm/hgまで下降する
まさに狂乱した血圧を体感したようですが(意識がない状態なので経験したといえないかも)
この血圧から想像するととても危険な細菌に犯されたことが解ると思います、
脈拍は毎分120回でした、このような状態で生死をさまよっていたと思えるのですが、
刺激に対してとても過敏になり電球をつけたりドアを開けたるするだけで血圧が上昇する
手を握っても上昇おでこをなでても上昇するという何もできない極限の状態を親族は30日以上も体験して来ましたのでこうして回復したことが今までなんだったのかと不思議な感情になっています、
と妻や親族が話しています、破傷風の説明
by ccrkasago | 2009-12-09 11:42 | 東 西 南 西 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://ccrkasago.exblog.jp/tb/11742718
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nikophoto09 at 2009-12-09 19:38
こんばんは!
電気をつけたりドアを開けたりするだけでも血圧が上昇・・
毎回、想像を遙かに超えたすさまじいお話に
気が遠くなる思いがします。
かさごさん、本当によくご無事で・・
奥様やご親族様もよくご辛抱なされました。
本当によかったです!!

富士山が見れたのですね。
見事な快復を見せたかさごさんの前途を祝しているようです!!
Commented by jakky123 at 2009-12-09 23:55
いまでもまだ刺激に過剰反応しているのでしょうか?
アイツの悪さは想像を遙かに超えていますね。
kasagoさん、よくぞ打ち勝って!
心よりよかったと喜んで、涙があふれます。

お好きな成川美術館にも行けてよかったですね。
Commented by risaya-827 at 2009-12-10 10:05
おはようございます^^
いろいろと大変な思いをされて
ご本人もご家族も九死に一生・・・と思ってらっしゃるでしょうね、きっと。。。
よくぞ治ってくれました。
家族の努力、主治医の見立て、なにより本人の生きる気力。。。
全てが一つになった結果なのでしょう。
こうやって見慣れた美術館にも出かけられ
しかも、日本一の富士山まで見られたこと・・・
本当に心から良かった!!! 
Commented by himakan at 2009-12-10 19:34
回復されてよかったですね。
箱根成川美術館からの眺めも定番ですね。
富士山はもう何年も見たことないなぁ。。^^;
Commented by MAKIAND at 2009-12-11 11:09
いいねえ。これからもたくさん楽しんでね。
Commented by sidu-haha at 2009-12-11 18:19
こんばんは~
家族の方々は、とてももどかしかったでしょうねえ~
ほんとに、人の認識ではわからないことがいっぱいありましたね~
<< つめたい雨が降っている シクラメンと涙 >>