夏代表
e0059542_17144820.jpg


* 気前の良い私の父親の話 
高齢の父親が近所のおばさんに私の娘の振袖を差し上げてしまいました、
この着物は「私のではないから不要なんだ」と言い出して

私の妻が5年以上かけて貯金して購入した、その振袖を簡単に人にあげてしまう
家の中にあるの食器なども簡単にあげてしまう、昨日あったお皿が無いということもしばしば
我が家は物を差し上げるほど裕福ではない。むしろ頂きたいのである。
こんなところから老人介護の難しさが厳しい現状が表面に現れるのだと感じました、
父親にしてみると自分のものでないことは良く解っているのですが、

私も高齢になるとこんな行動をするのかなーと今考えています、
結論は振袖はおばさんが私に大切な振袖を父親が「くれたんだけど」と届けてくれました、

「叱るじゃないよこれから行く所だから」と誰かが話してくれました、が「徘徊」や「寝たきり」にならないで元気で草むしりができるから対面的には「良しと言うことに」しておきます。
しかし 老人介護にはこれからも悩まされそうです、
by ccrkasago | 2010-08-21 09:06 | 春 夏 秋 冬 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://ccrkasago.exblog.jp/tb/13115670
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by risaya-827 at 2010-08-21 15:20
こんにちは^^
こういう話は良く聞きますが
でも、人間、いずれは誰でも歳をとります。
自分だけは・・・と思うのは間違いですよね。。。
これからは年々、老人が多くなって来ますので
今からシッカリと対策を考えておかないと・・・ですよね^^;
Commented at 2010-08-21 21:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-08-22 00:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ccrkasago at 2010-08-23 08:34
risaya-827さん おはようございます。 老人になるととても短気になるんですねいつでも怒っています、私の方から見ているので偏りはいつも感じながら生活しています、
Commented by ccrkasago at 2010-08-23 08:34
2010-08-21 21:56 の鍵コメさん おはようございます。 できるだけ解るようにしているのですが、意思の通訳がいないので厄介です、参考にさせていただきます、ありがとうございます、
Commented by ccrkasago at 2010-08-23 08:34
2010-08-22 00:39 の鍵コメさん  おはようございます。 私の父親ですがきっと私もこんな状態になるんだろうなと予想をしています、性格も姿も妻が話すにはそっくりだそうです、文章も学力もない私に言葉かけて頂き感謝しています、 

<< 長距離ドライブ718km ひまわりの行進 >>