酒屋の杉玉
e0059542_17513895.jpg

これだけ集めるのはしんどいよ
by ccrkasago | 2010-09-29 17:52 | 東 西 南 西 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://ccrkasago.exblog.jp/tb/13314519
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by al17 at 2010-09-29 20:30
かさごちゃん こんばんは~^^
この玉は杉の葉っぱを集めた物なのですね。
ハチの巣と間違えました!!
楽しい魚眼で 造り酒屋さんが驚いてしまいますよ><♪
Commented at 2010-09-30 04:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomiete2 at 2010-09-30 08:27
おはようございます。

  間もなく新酒の仕込みとなりますね・・・
杉球はそれに合わせるのかな~~~?
Commented by risaya-827 at 2010-09-30 11:42
おはようございます^^
そうそう、酒蔵へ行くと飾ってありますよね♪
初めて見たときは見事な大きさなので目を瞠りましたよ^^
素敵な光景です♪ (^^)
Commented by ccrkasago at 2010-10-01 18:08
al17さん  こんにちは  杉玉は杉の葉を大量に束ねて製作したようです、樽の中に杉の香りが届くようにしたようですが記憶があいまいです、まれに魚眼で遊びます、

Commented by ccrkasago at 2010-10-01 18:08
鍵コメさん  こんにちは 杉のようですよ 大量に杉の葉を集めるのは重労働だと思います、 蜂の巣に似ていますが、この杉玉は直径1mぐらいですよ重さも結構ありますのでここに吊るすのも大変だと感じます、
Commented by ccrkasago at 2010-10-01 18:08
tomiete2さん こんにちは 新酒の仕込みの時期には麹の香りやらご飯の香りで漂っていることでしょうね、 杉の玉は毎年入れ替えることはしていません、数年におきになるはずです、結構お金がかかると思います、
Commented by ccrkasago at 2010-10-01 18:08
risaya-827さん こんにちは 杉の玉入り口にありますよね、何で飾っているのか聞いたことがあります、香りを日本酒に移すためだと聞いたことがあります、他にも何かの目的を持っているとおもいます、
<< 流れ者の彼 秋を 見つけたぞ >>