保存
e0059542_846254.jpg


撮影地 神奈川県相模原市 

撮影素材 カメラ キャノン レンズペンタックス67マクロ135mmf4(ハイブリットカメラ?)
 
     
          
     カメラとレンズの組み合わせというか合体は(車の表現で言うとハイブリットということになりますが)
     
 ハイブリットとは違う種類の製品や生物が混ざり合った混生しているという意味だそうです、
エンジンとモーターの組み合わせをtoyotaはみごとに合体させました、
toyotaのすごいところエンジンが動いている時にモーターも回転していますが、
このときに変速ショックが感じられません、
シフトUPとシフトダウン時にも変速ショックは感じることがありません、
こんなところも世界のtoyotaの偉いところです、
他にもたくさんのすごいところがあります、 
toyota大好き親父でした、 
 



by ccrkasago | 2010-12-28 09:00 | 東 西 南 西 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://ccrkasago.exblog.jp/tb/13888640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by risaya-827 at 2010-12-28 09:29
おはようございます^^
車のことは分からないので(ノ・_・)ノ コッチヘオイトイテ (笑)
このお写真は何をどうとったものなのか・・・(-- 想像中!
ッて、考えてみたけれど分からない^^;
Commented by sidu-haha at 2010-12-28 10:49
おはようございます。
いろいろ組み合わせると~すてきな夢が生まれますね~
Commented by とし坊 at 2010-12-28 14:58 x
 こんにちは!

 写真画像~~~難解です。が、とっても温かみを感じます。

 トヨタ・プリウスにお乗りですか?
 カメラのハイブリッド???面白いですね。
 キャノンとペンタックスのレンズ・・・マウントが合うのでしょうか???
Commented by まき at 2010-12-28 16:46 x
あかい。
いいな~こんな感じ。いろんな要素が入ってて。
いろんな赤がはいってて。^^
Commented by ccrkasago at 2010-12-28 17:26
risaya-827さん  今晩は 工場の商品か製品を管理保存するための棚です、
すべて同一規格で重なるようになっています、
要するに上に積あげる棚です、
説明が悪いのでわかりずらいですが  赤いので撮影しました、
Commented by ccrkasago at 2010-12-28 17:28
sidu-hahaさん 今晩は 毎年写真を撮る基本姿勢を年初に決めるのですが、今年は何を撮るのか決めていませんでした、ということは私はいい加減なふしだらな人間だということなんです、こんなことを書きながら自己嫌悪になっています、
Commented by ccrkasago at 2010-12-28 17:37
とし坊さん 今晩は 難解ですよね確かに私も難解だと思います、しかし 同一色の気味悪さが出れば面白いなー思います、

カメラ キャノンにペンタックスのレンズは変更するためのアダプターが販売されています16,800円程度で購入できます、 ニコンボディーにレンズがキャノンも販売されています、                                                                        
Commented by ccrkasago at 2010-12-28 17:41
まきさん 今晩は わかりにくい写真だと思いましたが、同一色の面白さを見極めて見たかったんです、同一色は面白い写真が撮れると思っています、これからも同一色の写真を撮ってみたいと考えています、
                                                          
Commented by tomiete2 at 2010-12-28 19:45
今晩は発見は何かのきっかけで発見するものと
研究に研究を重ねて発見するものがあると思います。
同じ色を被写体にして。。レンズの働きを・・見出すのですかね・・・
Commented by かさご at 2010-12-29 14:26 x
こんにちは 今の自分がはまっていることは同色の引き立て役とでも申し上げましょうかあたらに発見できることができそうな同色の仕込みは深いところがありそうなので試してみたくなりますね
<< 江戸東京博物館 ここに決定 >>