転覆角度検査
車はいがいと倒れないんですよ、

e0059542_1823912.jpg


車の構造を変更すると転覆角度を検査します、 車にはいろいろな形が存在しています、
たとえば (ステーションワゴン・バン・箱形・コンクリートミキサー・保冷車・ダンプ・など)
製造メーカーは裸(フレーム・骨格)の状態で車を販売店に引き渡します、(仮装されて状態のときもあります)
(仮装状態は型式認定を国土交通省から認可されたことを意味しています)
たとえば 消防車両のような場合はトラックのフレームに水のタンクを付けたり
消防の放水ポンプや油圧工作用ポンプやウインチを付けたりします、
屋根に上がるための梯子を付けたりします、
高い位置についている機械や構造物は鉄を使っていますので重くなります、
重くなると重心位置が高くなります、結果カーブを曲がるときに転倒し易くなるので転覆する角度を
あらかじめ測定しておけば国は転覆したときは運転手にミスを引き渡すことになるわけです、
大雑把な言い方ですが、車は簡単には倒れないようになっていますが
自分で仮装して転覆角度を下げている方(簡単に転倒)もたくさんいますので注意してください、
車が走行状態では危険な行為は重量が増加することなのです、
重いと止まらない曲がらないという結果になります、
結果 交通事故が増えることになる!!!
by ccrkasago | 2011-06-21 09:45 | 東 西 南 西 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://ccrkasago.exblog.jp/tb/14986147
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by to_shi_bo at 2011-06-21 10:16
おはようございます!
ccrkasagoさんは、車のエキスパートですね。
ただ今、マイカーは板金塗装の修理に出ています。
当たってから止まる運転をするもので~~~(笑

今の車はなかなか倒れないような設計になっているんですね。
若い頃、マツダやダイハツの三輪軽自動車を乗っていましたが
交差点で急カーブをとる時によく横転しました~~~(笑
Commented by risaya-827a at 2011-06-21 10:25
ccrkasagoさん、おはようございます^^
今は色んな事を想定して造られて凄いですねー♪
車の細かいことはよく分かりませんが
便利=事故も少なくなる・・・と言う図式になって欲しいものです。
Commented by tomiete2 at 2011-06-21 11:53
車の改造したものを見かけますが、いかにも危険そうですね。

  ゆっくり、迷惑かかからないスピードで走っています。
 いったん停止は守らないといけませんね。・
  
Commented by sidu-haha at 2011-06-21 12:38
こんにちは~(*^_^*)
そうなんですか~~
いろいろと想定されて、造られているのですね~~
運転も気をつけないといけないのですね。
Commented by ccrkasago at 2011-06-23 08:10
to_shi_boさん お返事が遅れて申し訳御座いません、 なにせ私はぬるま湯につかりながら仕事を少しだけしているのでさぼり癖がついています、
仕事の内容は自動車の修理をしています、数十年間同じ職業のままです、写真の現場は陸運支局の自動車検査場です、いろいろな計器を使いながら一般道路を走行しても問題ないか検査をするところです、毎日ここにで自動車の検査をしています、(国家公務員ではありません、)
Commented by ccrkasago at 2011-06-23 08:17
risayaさん お返事が遅れて申し訳ございません、自動車の検査をする工場は各県に数か所あります神奈川県は4か所あります、大雑把な分け方ですが関東陸運局管内の中でさらに分けれています、自動車は整備した車両を検査する係と構造変更などを検査する係と書類を審査する係とに分かれています、難しい話はさておきまして、自動車は複雑で役に立つ機械です安全に役立つように検査をしています、
Commented by ccrkasago at 2011-06-23 08:28
tomiete2さん お返事が遅れて申し訳御座いません、 特に危険を感じるのは届を提出しないで乗っている車です、明らかに違うナンバーを付いている車両や重い車 車軸の距離の長い車
バイクで現在流行しているホイルベース延長車両はとっても危険です、バイクの排気量が250cc以下のバイクは車検の義務がないのです自由に無届で街の中を載っています、タイヤやエンジンの脱落配しています、どこかの修理工場や整備会社でバイクの改造をしているのです このバイクはとっても危険です脱落して人に当たったら大変です、
Commented by ccrkasago at 2011-06-23 08:39
sidu-hahaさん  お返事が遅れて申しわけございません、 車やバイクは塩分にとても貧弱です。かといって塩害を防ぐにはバイクや車はとっても高価な車両になってしまいます、現在の車は電気の配線や基盤でが大切な部品です、これらが塩害なると車は電気抵抗が増えたり回路の短絡につながりますのでエンジンがかからなくなってしまいゴミになっていることが現在被災地ではだいもんだいになっているようですね早い時期の対応が必要です
<< 混迷する政治 東北自動車道路無料 >>