白根山 


e0059542_961268.jpg

 志賀高原は紅葉が始まったばかり

撮影地 長野県志賀高原
撮影日 2011年10月2日
撮影カメラ ペンタックスQ

e0059542_10152388.jpg

撮影カメラ   キャノン5DMK2

ペンタックスの写真についてご覧のように曇りガラスのようなすっきりとした画像にならないのはどうしてなんだろう、
同じ条件下で場所でも印象が全く違いでしょ、 
レンズの性能が問題なのか、
逆光で撮影するとさらに白く濁る どう対応したらいいのかわからない、
by ccrkasago | 2011-10-03 09:13 | 春 夏 秋 冬 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ccrkasago.exblog.jp/tb/15701929
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by to_shi_bo at 2011-10-03 15:16
こんにちは!
志賀高原は紅葉が始まっていますね。
空気も澄んで美味しいかったのではありませんか!?

ペンタとキャノンの写真、確かに違いますね。
この感じの違いはレンズと思います。
ボクもよく経験しています。
例えばタムロンとキャノンのズームではハッキリと
違いが出ます。
ただし、純正品は値段が高い~~~(笑
Commented by かさご at 2011-10-03 15:56 x
to_shi_boさん こんにちは  
やっぱりレンズの仕業ですか白濁しているのではっきりしない写真になってしまいました。
逆光になるとさらにかなり白くなってしまいます、これは問題です、
<< 今朝は17度でした 江の島 >>