冬山について考える
e0059542_11435382.jpg


 冬山で遭難事故が続いていますが 
「私の個人的な意見として」
危険な山に登って救助をしてくれってどういうことでしょ、
命をかけて登山して金を払って助けに来てくれいったいどういうこと
冬山が綺麗だから登山をするんでしょ 
ならば迷惑をかけないことが大前提でしょ、
自分の登山能力が解っていながら 
迷惑をかけることってどういうことですか、
数人を救助をするのに数十人が救助に向かう 
「私には理解できません」
迷惑をかけることが登山ではないはずです、
夏山でも遭難事故が起きますが 
さらに危険な冬山に登山するなんて
二次遭難でも起きたら一次遭難した親族は何を考えるのでしょう
意味がわからない、人にはそれぞれ権利があるんだと言いたいのでしょ 
え え え え え え・・・・・・・・・・
私には果てしなく意味がわからない



by ccrkasago | 2013-01-05 14:00 | 春 夏 秋 冬 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://ccrkasago.exblog.jp/tb/19469072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by to_shi_bo at 2013-01-05 17:12
こんばんは!
僕の知人にも登山の愛好家が居ます。
数年前に岐阜県の山で遭難し一人は救助されましたが
初心者の若者が一人亡くなりました。
親一人、子一人の葬儀は悲壮でしたよ。
それを思うと登山家よ心せよ・・・と叫びたいですね。
Commented by suzu-kinako at 2013-01-05 23:31
かさごさんの仰る通りです。
「今、富士山にいる」って家族にメール、家族に言わずに出かけたんでしょうけど、その後遭難。
毎年冬山遭難のニュース、ヘリ一機出すって大変な事ですよね。
若者がのりで軽装のまま富士山・・・・・何てバカなんでしょう。
Commented by doremi730 at 2013-01-07 01:31
ご挨拶がおそくなりました。
新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
家族に迷惑がかかりますから、お互い怪我に気をつけましょう!
<< 初競りについて 光 >>