体罰と愛のムチ
e0059542_9475580.jpg



毎日毎日事件や事故が起きています
大阪市立桜宮で起きた高校生の自殺は問題だ (マスコミが情報を収集してきたことではありますが、)
指先で二・三回程度 頬を叩いたと教員は言っているそうだ、
しかし保護者は三十回から四十回程度叩かれたと言っている、
どちらが正直なことを言っているのだろう
この教員は自分の思い通りにならなければ体罰をしていたのだろう、
私は視点を変えてみた 
この教員の家庭内の問題があると考えた
妻や子供達との関係がギクシャクしているから
その不満のはけ口をバスケットボールの顧問という立場を利用して殴っていたのではないだろうか
理由はバスケットの大会で何度も上位にランクインしていれば家庭がおろそかになるのは当たり前
満点の家庭があるはずもない 
不満はどこの家庭にも必ずある 

さて 本題に戻ります
生徒を自殺にまで追い込むことが教育なんだろうか 
体罰から誰だって逃げたいよ 
「痛いし」
「腫れるし」
「あざにもなるし」
「母親にも聞かれるし」
こんな体罰をして強豪校になっても偉くもなんともない
憎しみしか残らない 
「自分に自信がないから大きな声を出して威嚇する」
「言葉でも威嚇していた」
体罰をする教員は教育の資格もないし 
社会的な制裁を受けることが教員の道だと思う
犯罪者が教育現場に居ていいのだろうか
犯罪者は刑務所に入ってもらうことが正しい選択肢でしょ
それによって家庭はバラバラになるでしょ、
この教員の未来は真っ暗だ 妻や子供たちも未来はないだろう
犯した罪は大きいのだ




by ccrkasago | 2013-01-11 10:19 | 春 夏 秋 冬 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ccrkasago.exblog.jp/tb/19511927
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by to_shi_bo at 2013-01-11 16:21
こんばんは!
桜宮は大阪でも一二のスポーツ校ですね。
アマチュアとプロの違いはあってもかっての
相撲界の暴力は忘れ去られてしまったのでしょうか。
全面的にccrkasagoさんの意見に賛成です!
Commented by tomiete3 at 2013-01-12 07:27
 学校社会は隠ぺいの世界
と誰かが言ってたように・・・
  生徒は・生身の人間で鉄ではないのですよね。
<< 暴力・暴行・体罰・教育者 カップルは >>