教育委員会
e0059542_8511843.jpg



市の教育委員会の現状及び内部事情は
例えば 不登校の生徒がいると 教育委員会側では学校に来て頂ければ対応しますと
言って来るそうです、
ならば保護者が連れて行くのだろうか 
どこかが間違っているから不登校なのです、
理由はそれぞれ「いじめがあるから」
「登校下校時に変質者がいるから不登校になったとか」
私たちは生徒の環境と教員の環境が離れているから不登校になるんだとおもう 
教育現場の環境は生徒と教員の温度差は激しい、
不登校になっている環境が分からなければ不登校は治らない
学校へ行かせたい勉強をさせたい保護者はどこへ相談するのだろう、
「学校に相談 ちがいます」
市役所の子ども支援センターなどに出向いて環境を整えたいと訴えます
しかし 役所は これは教育委員会の問題ですと
一度は市教育委員会に相談すのだが「連れて来て頂ければ受け付けます」という態度です、
不登校の理由も聞かないで連れてきてくださいと一方的な回答を教育委員会は言ってきます
これで保護者の大半の方が役所に泣きつきます
役所は受け付けたら実行します。 
不登校の対応をします、
ここから役所と教育委員会のバトルの始まりです、
私は市役所と教育委員会は同じ役所なんだと思っていました、
違うんですね

大阪の問題は現在進行形で対応していますが 
このまま現状維持をしたらまた体罰が発生します、
同じことを繰り返します、
ですから橋下市長は総入れ替えを決断したんでしょ 
私は 彼の決断を評価します 間違ってないと信じます


by ccrkasago | 2013-01-22 09:28 | 東 西 南 西 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://ccrkasago.exblog.jp/tb/19653948
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by to_shi_bo at 2013-01-22 13:29
こんにちは!
不登校とイジメの問題は僕らの時代には無かったと記憶しているんですが
これちょっと自信がありません。
即ちイジメは見えない隠れた存在なんですね。
橋下市長は一件強引な手捌きと思われているようですが、現状では
これくらいキッパリした決断が必要ですよね。
僕も賛成です。
<< 自画像? 満開でした >>