大凧
e0059542_952059.jpg





相模原市では毎年5月の子供の日に凧揚げします。 
3月になると凧を地元の方々が作り出します、
一辺の長さは10m位あります。
10cm程度の柱を何本も組み立てて凧を制作します、
紙は和紙を使いっていますので軽くて強度があります、
風が強い時には紙を間引きして風を拔いて凧が上がり過ぎるのを防止しています、
一度凧が揚がると重たい重りをくくりつけて安定させています、


by ccrkasago | 2013-02-26 10:04 | 春 夏 秋 冬 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ccrkasago.exblog.jp/tb/19857587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by to_shi_bo at 2013-02-26 13:34
こんにちは!
一辺10mの凧は凄い!!!
その凧を揚げる瞬間を見てみたい気持ちに駆られます。
こちらでは正月から半月ぐらいは公園で子供の凧揚げを見ることが出来
ますが、殆どがカイトです。
孫が近くにおればせめて小さくとも和凧を揚げさせるんですが~~~!
Commented by tomiete3 at 2013-02-26 15:39
これはおおきい・・・・ 雷さんが驚くのでは・・・
で、いつあげるのでしょう・・・・・楽しみでしょう
<< てまり 季節の中で >>