嘘つき国家
e0059542_910711.jpg


 韓国では小学生から嘘をつくことを学習させているそうだ
韓国の東亜日報で報道されて社会問題化しているのである、
それは小学生の時から嘘を学習させている
この東亜日報新聞の記事では小学3年生の例をあげている。
日記帳を2冊書いて1つは先生に毎日見せてチェックを受ける目的で書く日記帳で
もう一冊は「真実の書かれた個人用として保管する日記帳」である
なぜ2冊の日記帳ができたというと「先生が日記のテーマをあらかじめ決めて日記帳をチェックし「よくできた」
内容は掲示板に公開するため というのだ
こうした教育で子供たちは表向きの顔をいかに格好よく、綺麗に、立派に装うかのテクニックを自ずと身につけていく。
嘘でもいいから表は綺麗に飾りなさいという教育を
幼い頃からさせている韓国は
恐ろしい犯罪国家に変貌することは間違いないだろう、
と締めくくっていると東亜日報が報道している、
これは韓国だけではない北朝鮮でも同じことが言える
嘘つきは泥棒の始まりという諺が日本では当たり前なのですが
朝鮮半島では嘘をつくことを推奨しているでたらめな国家である。


by ccrkasago | 2013-07-08 09:29 | 東 西 南 西 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ccrkasago.exblog.jp/tb/20767560
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 生得正直 排他的思想 >>