捏造のノーベル賞
e0059542_1758984.jpg



  近年の韓国の嘘つき事件の最たるのもが、
ソウル大学医学部のファンウソク教授がES細胞の作成成功で
「ノーベル賞間違いなし」
「国民の英雄」と騒がれたが、間もなく研究成果が捏造だった事件である、(2006年1月)
またこれに続いて、韓国化学技術院生命科学のキム テグク教授が、画期的な若返り物資(CGK733)
の研究で、新薬開発に即座に応用できる商業的技術として国際的に注目を浴びていたが、
これにかかわる2つの研究論文が捏造されたものであることが発覚している(2008年3月8日)
いずれも韓国生化学界の第一人者である、
論文の捏造に加えて、韓国では昔から学歴を詐称する者がまことにおおい。
最近では2007年8月から2008年8月から2008年1月の5ヶ月で215人が学歴詐称とそれに関わる
文書偽造で摘発されている。
このことは 日本が弟の身分で分際で「ノーベル賞」を取ることが許せないのだ 
ただ単純に弟(儒教の影響がある)もう少し簡単いうと悔しいのだろう 
捏造国家だから化学分野・物理分野でのノーベル賞はこれからも獲得できないだろう
韓国国内にノーベル賞を評価・採点する人材が育っていないからということもある、
化学分野とか物理分野でもノーベル賞を狙っているが
捏造論文では獲得できるはずもない、
また国際的に信用されていないことも大きな原因である
が韓国国民は人気があると勘違いしていることも事実だ、
お付き合いがでいないヤクザな国家である、

by ccrkasago | 2013-09-17 09:34 | 東 西 南 西 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://ccrkasago.exblog.jp/tb/21066554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by to_shi_bo at 2013-09-18 10:21
世にねつ造事件は色々ありますがちょっとたちが悪いですね。
やはり、いい意味で日本人は純粋です。

また、昨今のただならぬ自然災害は人類への挑戦でしょうか?
<< 生涯勉強の日本・受験勉強だけの韓国 強制連行が行われたのか >>