石炭放射線
e0059542_10445677.jpg


  福島の原子炉放射線量よりも
中国の石炭の中にある放射能がアメリカで観測された
日本のマスコミ各社 新聞 テレビ局 ラジオ局 週刊誌 などでは全く報道していません
放射能を含んだ灰がアメリカまで飛来している 世界の各地で核実験をしていないにもかかわらず
放射線が観測されました 原因は中国の石炭の中に放射線を含んだ石炭が存在しているからです
いち早く気がついたアメリカは原因を追求して結論が出た 
日本の福島原発ではないところから飛来していることがわかったのだ
環境破壊が進む中国は人間お住む場所ではなくなっている 
10年後には奇形児やガンや飢えで死亡する中国人が爆発的に増えるそうだ、
人間不信の中国人はどうするのだろうか、
人口が減ればと考えている共産党は人間の命を無視し続けている 
これが中国共産党の幹部の考えです 
自分たちが生き残って世界各地で生きていければ十分だと
考えている 中国人はこんなことも考えている 
狙われているのは日本の資源水資源
広大な土地を買取水資源の開発と言って
太陽光発電で各電力会社から電気を買ってもらうことを狙っているズル賢いやり方だ
問題が起きない時に対策を取ることが重要だ。

by ccrkasago | 2014-03-25 11:44 | 東 西 南 西 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ccrkasago.exblog.jp/tb/21820509
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 三股 日本 アメリカ 韓国  >>