プログラム
e0059542_22572214.jpg


  韓国の地下鉄追突事故は
ATSが作動しなかったようですが 
根本的な技術が訓練がマニアルがプログラムができていたのだろうか
日本の鉄道技術レベルが大きく違う 
成熟している日本の鉄道技術レベルは世界一だと思っている
しかし韓国の鉄道技術は日本とは比べ物にならないくらいのレベルの差があります、
韓国の地下鉄事故では朝の運転開始状態にしないと運行ができないそうだ
なにを言っているのかというと初めの状態にしないと運行ができない
プログラムの途中から運行するアナログ運転技術ができないからプログラムどうりにしないと
電車を運行できない 
こんな初期状態にしないと運行できていたなんて信じられません
日本に追いつけと言いながら見よう見まねで電車を運行していることが事実です
こんな状況で怪我が数人出ただけで済んだことが幸いだと
日本の鉄道を真似しようとしても 韓国は適当なだけに問題が大きすぎたでしょうね

by ccrkasago | 2014-06-05 22:45 | 東 西 南 西 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ccrkasago.exblog.jp/tb/22084219
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 相模原北公園 隣国は嘘つき国家だ >>