IONKとは
e0059542_221136.jpg


 OINK(オンリー・イン・コリア)意味はというと韓国でしかありえないことを意味している 
これを造ったのは欧米の国際金融関係者による造語です 
韓国の税務当局や裁判所の国際常識をわきまえない行政命令や判決に対する軽蔑位と怒りが込められた言葉と言えます
国際慣行はもとより条約協定まで無視する韓国の当局や司法機関の姿勢に辟易しているのは日本ばかりではないのだ 
そして、またしても新たなOINKが発覚した
2019年の世界水泳選手権は、韓国の光州市で開催することが国際水泳連盟の総会で正式に決まった。
ところが、光州市が国際水連に提出した招致申請書類のうち、政府の支援保証書が偽造されたのもだった。

上記文章は室谷 克実氏の呆韓論の中から抜粋いたしました、
私が言いたいことは韓国という国家は捏造が当たり前の国家だということです
これが近代国家だとすれば私たち日本はお人好し国家だというべきなのかもしれない、
韓国が近代国家だというのならば 公平でなければならないし捏造は許せる範囲を超えている


by ccrkasago | 2014-07-02 22:56 | 東 西 南 西 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ccrkasago.exblog.jp/tb/22166076
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 集団的自衛権 韓国と日本のサッカー事情 >>