新ネタ仕入れたぞ
e0059542_22481679.jpg


 今日は韓国のKTXのお話です。
韓国はフランスのTGVを手本にして韓国産の高速鉄道を運行しましたが
中身はすごいことになっていますよ、
道床が不安定なところが有り現在でも徐行運転が残されたところがあり
現在でも改善されないまま 営業運転をしているんですよ「信じられない」
韓国の高速鉄道は一般鉄道と共有の部分があり
とっても危険だという声が一般市民からも聞こえて来ています、
営業は2004年から3年の2007年世界初となる高速鉄道と正面衝突事故を起こしてしまいました、
幸いにも死亡者出ていませんが先頭部分が大破して十数名の負傷者をだす惨事を起こしました、
KTXは定時運行ができずに延着が多発して 運賃の返還をばかりがかさんでいます、
(因みに日本の新幹線は2013年どの延発や延着は年間平均で0.5分です30秒です)
2008年には過去2年6ヶ月の間に、10万人以上に延着による払い戻しをしていたことが判明しました、
また 5億7000万円を投じて導入した自動改札機が
不具合を起こして短期間の内に撤去することになりましたがその結果、無賃乗車が急増しました、
2009年に工事で使われた枕木約15万3,000本が全て不良品だったことも確認されました、
KTXが停車駅を誤って通過してしまい2、6kmも逆走するトラブルも発生しました、
安全性もない韓国KTXにあなたは乗ることができますか、

by ccrkasago | 2014-08-27 23:28 | 東 西 南 西 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ccrkasago.exblog.jp/tb/22336460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 緊急車両も 夕焼け >>