仙石原
e0059542_21311794.jpg


    韓国セウォル号の沈没事故で日本国民と韓国民の違い 
韓国でも乗船の時には氏名 生年月日 住所 などを記入して乗船することになっている
でも 裏口 袖の下 闇ルートが存在するために乗船人数が把握できないのである
これは韓国国民の特性 性質なのだろう 
セウォル号管理会社の社員が裏口乗船をするから乗船者の把握がいつまでもできないのである
現在でも5名のお客が行方不明になっている 
半年になるにもかかわらず見つからない日本で起きた津波とは違う
転覆は人災である 
適当な国民性であるためにすべてが適当なのである、いい加減なのである
一流ホテルでも裏口宿泊が可能なのだ 
ベルボーイが斡旋するから困ったものだ
フロントを通過しないで宿泊ができるのだろうか それは ルームサービスと清掃婦がグルになって
宿泊させるのだ、
日本では起きない習慣なのだ 
こんな悪事が慣例として起きているのだから事故が起きてもおかしくはないのだ
転覆してしまうかもしれない 
これからも韓国では起きるであろう人災事件や事故など

by ccrkasago | 2014-10-01 22:09 | 東 西 南 西 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ccrkasago.exblog.jp/tb/22436166
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< アメリカでエボラが 噴火 >>