小内刈
e0059542_22454773.jpg


 エボラ出血熱の発祥地は西アフリカだと言われていますよね
アメリカでは軍隊を出して感染拡大を食い止めようとしている
世界レベルでは国境なき医師団が治療をしていますね
日本でも関係者が情報収集に現地で活動しています、
西アフリカといえば 中国は情熱的に投資をして資源をかき集めています、
中国人のエボラ患者が報道されないのはどうしてなんだ 
盛んにアフリカで活動している中国
人に感染していないはずもないでしょ
沈黙を貫いています 「どうしてでしょ」
中国人の影響がないように見えますよね 「私も疑っています」
私が掴んでいる情報は世界保健機構のマーガレット チャンという
保険局長はアメリカやフランスやドイツやイギリスなどの欧米人の発言を無視
「なぜでしょ」
マーガレットは中国から資金を頂いているから中国以外の発言は無視をしている
「なぜでしょ」
理由は中国の株価が下がると中国のバブルが弾けてしまうから必死で食い止めようとしているからだ
WHOの発表では1万人が感染していると言っているが 
WHOのカウントしていない人間が10倍いるとアメリカは見積もっている
イギリスやアメリカの情報機関がカウントすると恐ろしい数字が見えてきたのだ
2015年1月20日頃には感染者は100万人を超えるという見とうしを示した、
最悪の試算をすると70万人が死亡することになるだろう
ここには中国人の発症はカウントしていません 理由は共産圏だから
中国の行動は把握するのが困難です 
ひとたび 中国に感染が広がれば必ず日本に患者が発症します、
中国は自国の経済状況が厳しいので人が死のうが関係ないのだ、
私は自分にエボラの火の粉が降りかからないいように手洗いやうがいなどで防衛をするしかできない
あなたは 3が月後のニュースを想像できますか、恐ろしいことになっていますよ


by ccrkasago | 2014-10-28 22:33 | 東 西 南 西 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ccrkasago.exblog.jp/tb/22522651
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 立川駅 小外刈り >>