ペットの病
e0059542_2393088.jpg


 
我が家のビーグル犬は14歳です
後ろ足の筋力が衰えてしまい脚を引きずるようになってしまいました
今年の1月の頃には脚を引きずるような事がなかったように見ていましたが
フラフラしています 
悪化する速度が早い
昨年の6月に子宮が化膿したので取ってしまってから
急に老け込んだようです、 
聴力が無くなってしまいました
名前を呼んでも反応しません
腰が痛いのかシェパードのような腰つきになってしまいました、
散歩には行きますが 長い距離を歩くことができない
肺の機能も弱くなり喘息のような呼吸になってしまいました。
あらゆるところが老化しています
一日中ほぼ寝て過ごしています。
食事はできますのであと少し生きることができるでしょう

by ccrkasago | 2016-07-06 23:28 | 春 夏 秋 冬 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://ccrkasago.exblog.jp/tb/24510287
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 旅っこ at 2016-07-07 21:10 x
こんばんは~!
わんこも家族同様可愛いですが、人間と同じで歳をとると弱ってかわいそうですね。
私の近所のフクロウⅡさんちのわんこ(ムック)も歳をとり弱って、
散歩も近周りだけでも大変きついようですよ。
大事にしてあげて下さい。
<< 7月8日は 東京の都知事候補でゴタゴタ >>