家族画像の意味
e0059542_2283442.jpg


 おそらく70年以上前の記録写真を処理
我が家には昭和初期の私の父親が3歳ぐらいの記念写真がある
どこの家でも古い写真はあると思いますが
私以外に妻や子供が私の幼いころの写真を
見てもどうしたらいいんだろうと悩んでしまうはずです
まして 従兄弟の結婚式の写真だとか葬儀の様子だとか歴史的な事件でもない
写真を保存して後世に残す必要があるのだろうか 
私の子供に聞いて見ると「見ないから処分してよ」という話になっている
どうしたらいいんだろう 処分できないで悩んでいる人は私だけではないはずです
私も従兄弟の記念写真を見ても「ああああ」若かったなという発言だけが残ります
記録だから若いに決まっている
私の気持ちは決まっています 「処分です」
過去を見ても懐かしいだけで 若い頃に戻れるわかはないし
現在の記憶がのこったまま現在に戻れれば嬉しいがありえない
時間をコントロールできない
夢の世界に迷い込むことができない
さて どうしようかな


by ccrkasago | 2017-02-25 22:27 | 春 夏 秋 冬 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ccrkasago.exblog.jp/tb/25440694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 横浜マリンタワー 無報 >>