<   2010年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧
季節風
しんどいよな


e0059542_18224476.jpg
e0059542_1823199.jpg
e0059542_18231834.jpg

 昔からこうして干してきたワカメは美味しい
洗濯バサミはいかほど持つのだろうか?
風雨にさらされるて劣化して交換する
「一番怖いことはなんですか」と聞いたら
雨が一番大敵だって、
一本のロープに70本程度のはさみがあります、
大急ぎで取り込むために一本ロープに3箇所だけ砂地から立ち上げた杭に
縛ってあるので取り込みには早いそうだ、
景色とは対照的に地道な商売である、
これが日本の文化です、
これが日本の安心安全を支えてきた、
ここは後継者がいるそうだが
後継者が育たないところは廃業になり、
文化は消えていく、
寂しい限りです、
いずれ日本中で問題になるはずで後継者を何とかしなければ文化が芸術が工業が亡くなる
いくら政治で何とかしようとしても
甘い食べ物を知った庶民は決して振り向いてくれないのが日本社会なのである、
意外な一面を江ノ島で発見した一日でした、

by ccrkasago | 2010-02-27 08:24 | 春 夏 秋 冬 | Trackback | Comments(4)
葛飾 北斎


e0059542_1719518.jpg

e0059542_1752132.jpg

 ご覧の皆様も良く知っている方だと思いますが、
この絵を書いた方は葛飾北斎の娘お栄だそうです、
お栄は父親の北斎よりも絵が上手かったと言われています、
しかし実態はまったくわからないことが多く結婚もしていたそうだが
亭主が絵が下手なので離縁して北斎の下で学んでいたそうです、
お栄は主に春画を得意としていたそうですが、
北斎が書いたとされている絵の中にもお栄が書いたと思われる春画があるそうです、
この上記の絵はとても新鮮な切り口で描かれています、
落款がないように見えますが提灯にお栄と書かれているそうです、
一字づつ提灯に書いてあります、
また字が反対になったりしているそうです、
確認しづらいのですが読めると思います、
お栄は父親を信頼し尊敬していたそうなので隠して落款を入れたのかもしれません、
提灯の下にできた明かりを描いているところは新鮮な頭脳があるからこそ描けたのだと思いたい、
着物の模様が明かりによって映し出されているところは女性ならではの視点だと思います、

お栄の作品と確認されている絵は数点だけあるそうですが、
将来 海外からも発見されて欲しいと願っています、
最後に私はこの絵を見たときにとても感謝をしました、
このような絵画を戦争によって略奪され海外で発見され大切に
保管 管理されていたことに対して感謝しました。


もしお栄が生きていれば裸電球がある景色をありふれた景色を
お栄ならばどのような切り口で描き出すのか見たいと思いました、

by ccrkasago | 2010-02-25 17:48 | 春 夏 秋 冬 | Trackback | Comments(6)
明月院 
心のせんたくも
e0059542_10281638.jpg



足があるのに歩かない俺には羽も生えやしない

by ccrkasago | 2010-02-24 10:53 | EOS 5DMKⅡ | Trackback | Comments(8)
carbon house



e0059542_17234480.jpg
e0059542_17242339.jpg




carbon house 

すべての壁はcarbonです、
北鎌倉駅周辺で発見した、
とてもお洒落な家です、
建築後数ヶ月だと思われる、
何ゆえこのようにしたのかわからないが
とにかくシンプルなのだ
この家をしっかり見ていると
ドイツ語を喋る方がなにやら
訪ねているのですが、
意味が解らないし言葉が通じません
会話が成立しないので私が困っていると、
なんと金髪の子供は日本語を喋るので何か
聞いていました、「この家に人は住んでいないの?」
私には「解りません」というとすでに呼び鈴を押していました、
しかし住人は出てきませんでした、
異国人は興味津々の顔を私に向けてきました、
しかし喋れませんというと「ありがと」いいながら去っていきました、
鎌倉は楽しい出会いも待っている気さくな街です、

by ccrkasago | 2010-02-23 18:35 | Trackback | Comments(2)
人影


e0059542_8401534.jpg


春の日差しは 極楽じゃ


* かさごのつまらない話
 
いつも鎌倉に出かけるときは電車か車なのだが 
一人で出かけるときは
電車と決めている、
なぜならば 
電車が好きだからである、(要するに鉄ちゃんなのである)
特に好きなことが二つある
ひとつは新幹線 
もうひとつはつなぎ目が確認できるロングレールなのです、
ホームにつなぎ目がある場合は覗く

小田急線相模大野駅から藤沢に向けて出発だ楽しいな 
藤沢から東海道で大船まで
そして横須賀線で北鎌倉まで
北鎌倉に到着すると円覚寺で
マラソンをしていたので
よけながら通過しながら見学と洒落込んだのである、
ボランティアの方々が「がんばって」と声をかけているのだが
数百人の方に声をかけるとしまいには声が出なくなっているだろうな
とくだらない心配などをしながら、
明月院に向かった この時期の明月院はとても寂しい景色なので
訪れる方も少ないのである、
明月院の悟りの窓には先客がおり悟りを得ようともがいていた、

北鎌倉から横須賀線で鎌倉まで鎌倉で本命の江の電に乗り
稲村ガ崎まで、ここから歩いた歩いた 
砂浜を延々と江ノ島まで歩いた、
足の指に豆ができていた、豆ができると歩き方が変わるのでとても疲れる
江ノ島の夕日を撮りたいので待っていたが残念ながら叶わなかった、


江ノ島の水族館をお金を出してみてしまった
これが高いやたらと高価な入園料なのである、
驚くなかれ2000円もするのだ、
止めておけばよかった暗いので写真も撮れないし
暑いし 
うるさいし、
静かな場所は浜辺だけである、

さてと元気で仕事をしましょう、

by ccrkasago | 2010-02-22 08:40 | Trackback | Comments(10)
真綿色
e0059542_14591611.jpg

涙は未練がお似合いでしょ
唇 震えるばかり、

by ccrkasago | 2010-02-19 17:45 | Trackback | Comments(12)
e0059542_18154534.jpg


嗚呼
今日も雪です、
寒いよね 
家から出たくない、


* 赤い花びらは薔薇の花です、
by ccrkasago | 2010-02-18 11:02 | 東 西 南 西 | Trackback | Comments(8)
昼食(0467)





e0059542_8405655.jpg


e0059542_8411573.jpg


e0059542_8413295.jpg



日曜日には鎌倉で食事(0467)長谷寺の入り口付近で4年ほど前に
改装中の0467というレストランを鎌倉写真同好会員相模原支部のI氏と見つけました、
改装中には何ができるのかまったく解りませんでしたが
住宅地の中にあるためにレストランができるとは予測していませんでした、
それ以来楽しく食事をしています、
撮影はかなり浮いていますが 料理はおいしいです、
ランチ時には女性客で満席です、
開店は11時30からなので予約をしていくとわりとすんなり入店できます、
これからの時期はとても混雑しまので注意してください、

*「私はお店から広報担当者と依頼はされていませんのであしからず、」
by ccrkasago | 2010-02-17 09:03 | Trackback | Comments(12)
鎌倉長谷寺 河津桜



e0059542_9574583.jpg

e0059542_958382.jpg

 メジロは可愛い小鳥です見つめているだけで癒されます

e0059542_2225231.jpg

元気なので背中のメジロになってしまいました。


* 撮影日 2010年2月14日 鎌倉長谷寺にて、
by ccrkasago | 2010-02-16 10:01 | Trackback | Comments(8)
降りしきる雨を
e0059542_22313156.jpg

あれほど優しかった貴方の

by ccrkasago | 2010-02-14 22:32 | 春 夏 秋 冬 | Trackback | Comments(2)